モテる男性

ガリガリ体型から脱出するために、運動や筋トレは大事かもしれませんが、栄養補給も必要だと思います。
不規則できちんとした食事をとりにくい、自炊が難しい環境の場合、サプリメントで補いたいですよね。
最近では、太れない男性を対象に研究されたサプリメントが販売されるようになりましたので、内容をまとめていきます。

サプリを利用し酵素を補う

消化吸収を高めるためには消化酵素が必要です
栄養がしっかり吸収できるようになる事は太るために必要不可欠です。

消化酵素にはタンパク質や炭水化物、脂質といった栄養を分解する働きがあります。
消化酵素はアミラーゼ・プロテアーゼ・ラクターゼといったもので、もともと体内にあるものですが、太れない体質の場合、もともとこういった消化酵素の量が少ないのです。
消化酵素は野菜や果物、発酵食品といった食品にも含まれ、食事から摂取することも可能ですが、熱に弱く、胃で消化されると、働きが失われてしまうという弱点があります。

現代社会では、酵素を食事から摂取するのはなかなか難しいため、サプリで消化吸収をサポートするというのもひとつの方法です。

太るためのサプリの特徴

太るためのサプリには、酵素を生きたまま届けるための加工が施されています。
酵素の働きが失われないよう、製造時に加熱処理をしていなかったり、胃酸で溶けないようにしていることがそれにあたります。
このようなサプリを摂取することによって消化力を高めることが可能です。

サプリには消化酵素以外にも、消化吸収性の高いプロテインを配合したものや、香料や着色料、保存料といった添加物を含んでいないほか、原材料も製造も全て国産といった安全・安心に配慮された製品も多く販売されています。
しかしながら、太るためのサプリは飲めば太るというわけではありません。

サプリを効果的に利用するコツは、必要なカロリーと栄養素はなるべく食事から摂取するということです。
食事の事を考えずに体質を改善する事は出来ません。
日常の食事をメインに考え、サプリメントはそれを補う感じで、生活を見直す事が大事だと思います。

太る男のためのサプリメント3選

●ファティーボ

5種類の酵素と3種類の麹菌を配合したサプリメントです。
腸内環境を整えて、健康的に太るために作られました。
消化吸収を助ける事を目指しているので、日常の食生活を補助してくれます。
公式サイトは女性向けに作られていますが、女性専用ではないので、男もOKです。

●ウェイトナチュラ+

株式会社BSHが販売している元祖太るサプリです。

体を大きくする必要があるアスリートにも愛用されているようです。
一般の方も、子供から病院食の方まで愛飲されています。
公式サイトは女性っぽいですが、男性の方が利用者は多いそうです。

●プルエル(PLUEL)

7つの消化酵素と漢方が特徴のサプリです。
太れない原因から導かれて生まれました。
GLITTER5月号で紹介された無添加サプリメントです。

BCAAや亜鉛など、日常生活でほしい栄養素があるので、太る目的でなくても飲みたい内容です。

太れない原因は何なのか?

毎日ある程度カロリーの高い食事をしていても太れなかったり、たくさん食べると必ずといっていいほどおなかをこわす、というような男性の場合の多くは、胃腸が弱っていて、消化吸収力が低下していることが考えられます。
私の場合もそうで、2人前は食べるのにガリガリ体型のままでした。

内蔵の能力が落ちてくると、食べ物を消化する能力が低下します。
米やパンなど、消化がしにくい穀物中心の食事にしていると、消化するだけで疲れてしまったり、腸内に残ってお腹が痛くなったりします。
疲れてしまうと寝てばかりになったり、色々とやる気も起こらなくなってしまいます。
こんな体質の状態だと、いくら食べても、プロテインを飲んでも、太る事は出来ません。

よく噛まずに食べる事も消化の負担になります。

太るために出来る事は?

食事をしっかりする

基本的に、体重を増やしたければ、根本的に摂取カロリーが消費カロリーを上回っていなければなりません。
太りたくても太れない男性の多くはきちんと食べているつもりでも、実は食べ足りないケースが結構あります。
ファストフードや軽食、コンビニなどで食事を済ませていませんか?
しっかり食べる事を意識する事が大事です。

消化に良い食べ物を中心にする

米、ラーメン、パンなど、穀物は消化するのが大変なので、胃腸が弱い方には向きません。
肉を食事の中心に、野菜はなるべく煮込んで柔らかいものを食べるのがベストです。
鶏肉>豚肉>牛肉の順番で消化しにくくなりますので、鶏肉が一番です。

消化がきちんと出来ていると、腸内がいつもスッキリした状態になります。
腹痛も無くなり、体の循環がいいなと感じられます。

私の場合は、ラーメンや米を食べた日は胃が重く、2日くらい経っても腸の中に残っていて、重たい感じがします。
でも、鶏肉だけ食べている時は、毎日スッキリしていますので、穀物を食べるのはまだ早いようです。
毎月医師に見てもらって実践していますので、今より良くなればまた違った話も出来ると思います。

よく噛んで食べる

噛まないまま飲み込んでしまうと、固形物が大きくなるため消化するのが大変になります。
結果、胃に負担がかかってしまい、栄養を吸収しにくくなってしまいます。
きちんと噛んで食べることは簡単なことのようですが、習慣になっていないとなかなか難しいものです。
無意識に飲み込むように食べていることはよくあることです。

ドカ食いに注意

噛まないのと同様にドカ食いもよくありません。
もちろん消費カロリーを上回るためにきちんと食べなければなりませんが、一度に大量に食べたところで、摂取した食べ物は消化しきれずにそのまま排出されてしまいます。
逆に、胃や腸の負担が大きくなってしまいます。

まとめ

一度にドカ食いをせず、よく噛んで、きちんとした食事をとることが大切です。
そうすることで、胃腸の消化吸収率が高まり、摂取した栄養を効率よく吸収できるようになります。

最後に

健康的でかっこよく太るためには、きちんとした食事、適度な筋トレ、状況に応じてサプリの力を借りることも有効です。
かっこいい人は体の事を考えてコントロールしている人が多いはずです。

私は子供の頃からずっとガリガリ体型でした。
元々そういう体質なのかもしれませんが、今考えると食事の内容は良くなかったと思います。
お菓子をたくさん食べて、炭水化物のドカ食い、肉や魚、野菜の割合はかなり少なかったです。
これだと内蔵が疲れ切って、きちんと仕事をしなくなるのは、今だと容易にわかります。

今は食事と睡眠も気をつけていますが、20代、30代よりも元気になってきています。
まだ色々と改善中ではありますが、毎年強くなっていく自分がとても楽しみになっています。