細身だけど健康なおじいさん

私は63歳で勤めていた製薬会社を退職し、現役をリタイアしました。
現在は65歳となり、漸く待望の本格的な年金生活者として暮らせる歳になりました。
息子が3人いますが3人とも既に独立し、今は38年間連れ添った家内と2人して八王子のみなみ野というところで、日々、庭弄りや散歩などをしながらのんびりと過ごしています。

スポンサーリンク

痩せていると人から見られたくない

私は小さい頃から運動好きで、中学から高校時代はずっと軟式テニスを、大学に入ってからは硬式テニスをしていました。
会社に入ってからも暫くの間は硬式テニス部に所属して、会社のコートで時々練習をしていました。
このように、学生時代から入社後数年間は定期的に運動をしていましたが、会社の中でも中堅と言われるような立場になり出した頃から、あまり運動をしなくなりました。
そして運動をしていた頃は比較的ガッチリとした体型をしていましたが、その頃から体型に変化が見られるようになりました。

それは体重の減少に伴った体型の貧弱化です。
私は身長が160cmで、この身長は高校時代からあまり変わっていません。
一方、体重の方は高校時代は62Kgでしたが、現在は57Kgと5kgほど減ってしまいました。

よく風呂場などで鏡に映った自分の体を見ますが、不思議なことに自分自身では中肉中背に見えていて、決して痩せているようには思えないのです。
しかし、私は何かに付けてよく他人からは痩せていると言われます。
そんな時、わざと聞き直しても、絶対に中肉中背には見えないと言われてしまいます。

まだ若かった頃はあまり気になりませんでしたが、段々と歳を取るにしたがって、痩せていると他人から見られていることが気になるようになりました。
それは、歳を取り体力や体の機能の低下を感じるようになった時に、他人から痩せてみられていると、尚更それが目立ってしまうような気がするからです。
痩せて弱った老人というイメージと重なるからです。

私が痩せている原因を考えてみた

私は、痩せてしまった体を何とか高校時代の体重に戻せないかと考えるようになりました。
そこで痩せてしまった原因を考えてみました。

  • 運動をしなくなったことによる筋肉量の低下
  • 長年続けている喫煙
  • 仕事に起因する過度な夜更かし
  • 遺伝的要因

これらが可能性として考えられました。

また、何か健康面に問題があれば、適当な病院を受診して先生に相談してみるという選択肢もありましたが、痩せてはいても特に健康には問題がなかったので、病院の先生に話しを聞くということはしませんでした。
遺伝的な要因については、私の両親は何れも痩せてはいなかったのでかなり否定的です。
運動不足以外の喫煙と睡眠不足については以下のような状況でした。

私はヘビースモーカーではありませんでしたが、かなり短くなるまで吸ったり、たて続けに数本を吸ったりと、非常に健康にはよくない吸い方をしていました。
睡眠不足については、仕事が忙しく残業が多くなり、家に帰ってからも仕事をしていたため、睡眠時間がかなり逼迫していました。
以上のようなことから、体重低下の原因としては、運動不足、喫煙、睡眠不足が有力な候補と考えられました。

スポンサーリンク

ガッチリ体型を手に入れるための戦い

50歳を過ぎた頃に、私は高校時代の体重を取り戻し、他人から痩せていると見られない体型を実現するために、痩せている原因と考えられた運動不足、喫煙、睡眠不足に対して対策を講じ、体型の改善を図ることにしました。

運動不足への対策

入社して5年ぐらいは同僚達とテニスをよくしていましたが、30歳を過ぎた頃から序々にやらなくなりました。
その頃から健康診断の際の体重の値が少しずつ下がり出しました。
最終的には56kgから58kgぐらいに落ち込み、それ以降はそれくらいの体重を維持していました。
私の体重の低下は運動をしなくなった時期と重なっているため、原因としての可能性が高く、運動を対策の重点として定期的なジョギングと就寝前のストレッチを行うことにしました。

喫煙への対策

タバコは20歳から吸うようになり、ほぼ毎日コンスタントに1箱を吸っていました。
喫煙をしていた頃は胸の痛みや頭痛などの自覚症状にも悩まされており、体重低下の直接的な原因ではないかもしれませんが、二次的な改善効果を期待して禁煙することにしました。

睡眠不足への対策

私は30歳を過ぎた頃から仕事を任されるようになり、40代から50歳を過ぎる頃まではかなりハードで、どうしても仕事を家に持ち帰り夜遅くまで仕事をせざる得ない状況が続いていました。
睡眠不足だけでなく、ストレスもかなり掛かっていたと思います。
そうした生活習慣を改善するため、出来るだけ部下に仕事を任せるようにして、自分の時間の捻出に努めることにしました。

10年間続けてきた結果

体型改善のための対策を講じてから既に10年以上が経過しました。
当時始めたジョギングは今もウォーキングに変わりはしましたが続けています。
ストレッチも就寝前にやっています。
タバコは当時禁煙をして以降は今まで1本も吸っていません。

また、睡眠時間は平均5時間を目標にしていましたが、退職して以降は最低でも6時間は寝ています。
当時講じた対策は約10年間実行し続けてきました。
その結果、体調は大変に良好で毎日を清々しく過ごせてはいるのですが、本来の目標であった体重の増加を達成することは残念ながらできませんでした。

まだ諦めてはいない

65歳になった現在の私の体重は相変わらず約57kgで、今も痩せた体型のままです。
原因を特定して対策を講じてきましたが、その間体重は大きく変動することなくほぼ今の体重を維持して来ました。
健康面では全く問題はないのですが、今でもやはり体重を増やしたいという願望は持っています。
生活習慣をメインとした対策だけではなかなか難しいようなので、太るためのサプリメントの利用を今考えているところです。

スポンサーリンク