ぽっちゃりした小学生

私は現在30代後半の自営業を妻と2人で営んでいます。
因みに子供はいませんので夫婦2人で暮らしています。

私は実は小学校までは若干ぽっちゃりでした。
おそらくですが平均体重よりも10キロくらい多かったと思います。
それまでは自分の体型や容姿を気にした事すらありませんでした。
ところが中学に入ってからは私も男性ですので当然女性にモテたいと思うようになりました。

スポンサーリンク

中学生からダイエットを始めて痩せ型に

そこでまず1番最初にトライしたのが超過激なダイエットでした。
おかげで2カ月で20キロ落としました。
その当時で身長170センチで43キロまで落とし、その後は身長が伸びたので175センチの45キロで現在まで来ました。

妻と結婚するまではせっかく努力してダイエットした事や、やはり太っていた事がトラウマになっていた事もあって、ずっと45キロの体重を維持していました。
そんなある時に妻からボソッと言われました。
「年齢も年齢だからもう少し太った方が体にもいいんじゃない?痩せすぎだと思うよ」
その妻の私を思っての言葉に少し体重を増やそうと20代後半からですが太る努力をし始めました。

太るための友人のアドバイスは暴飲暴食

私的には太っていた期間よりも痩せていた期間の方が長かったので、正直どう太っていいか当然解りませんでした。
そこで太っている友人に聞いてみると、「とにかくお菓子や高カロリーのものを寝る直前まで食べて寝ろ」との事でしたので、早速妻に言ってお菓子やケーキ等をいっぱい買ってきてもらい、毎回の食事後や寝るギリギリまで食べる事を始めました。

当然太っている友人からのアドバイスでしたので、1カ月もしたら15キロくらいはこんな食生活をしてれば楽勝に太ると思っていましたが、実際には半年間この生活を続けましたが45キロのままでした。

さすがにこんな暴飲暴食を半年も続けて体重がいっさい変わらないので、私自身も自分の体に異常があるのではないかと思い始めました。
妻も最初は私がいくら食べても太らない事を羨ましがっていましたが、さすがに半年この食生活を続けても体重に一切の変化が起きない事に心配し始めました。

スポンサーリンク

それでも太れないから人間ドックを受けてみる

それまで人間ドックや健康診断を1回も受けた事がありませんでしたが、妻からのススメもあったので、自分でもいい機会だと思い総合病院で人間ドックを受診しました。
数日後、病院から連絡があったので翌日検査結果を妻と2人で担当の先生に聞きに行って来ました。
当然いい機会だと思っていたので先生にも聞いてみました。

もう少し太りたいのですがどうすれば太るんですか?と。
そうしたら担当の先生に驚きの事実を言われました。

実際にMRIやCTの画像も見せられましたが、私の体自体は別にどこが悪い訳でもないと言われました。
ただし胃袋がギャル曽根さんと同じようなビックサイズの胃袋で、消化スピードも同年代の男性に比べるとはるかに早いので、これだけの暴飲暴食をしても太らないとの事でした。

「別に今の痩せている状態で至って健康状態なので無理に太る必要はないし、かえって健康体じゃ無くなる」との先生からのアドバイスに私も妻も納得もしましたし、いくら暴飲暴食をしても太らない理由がようやく解りました。
ある意味でドクターストップをかけられた感じになりました。

妻も私の体の事を気遣って太るように言いましたが、先生の言葉を一緒に聞いた事もあって逆に健康体で安心したと言いました。

別に太れなくてもいいかな・・

私自身、中学の時に一気に痩せてから太ろうとも思いませんでしたし、だからといって特別に気をつかっていた訳でもありません。
また私の体自体が普通の人とは違うので太らないという事を知る事が出来ました。

結果的にはこの人間ドックをキッカケにそれまで続けていた友人からの暴飲暴食アドバイスもやめました。
医学的に私の体は太らない体質なのもわかったので太りたいのですが太れませんでした。

スポンサーリンク