マッチョなポーズをとっているけど迫力がない男

私は、身長が175センチあり体重は、75キロ前後になります。
少し前まで80キロありましたが、5キロほど減っている状態です。
数字だけ見れば平均的な体系ですが、10年前まで体重は63キロほどのやせ型でした。
高校時代から63キロの体重を持続していて、野球部に所属していた時は細身で苦労したりバカにされる事もありました。

スポンサーリンク

ガリガリだった高校時代

太りたいと思って悩んでいたのは、高校時代からになります。
理由として、見た目が華奢で弱く思われる、頼りないと言われるなどがあります。
体重が10キロ増えれば、体型的にバランスよく見えたりTシャツ姿も安定してくるはずです。
しかし、体重が63キロでは、Tシャツを着るとガリガリでひ弱に見えて損をします。
自分自身としては、体重を80キロに上げて肉体的、精神的にも余裕のある体型になりたいと思いました。

人間は、弱く見える人はトラブルに巻き込まれるケースも多く私もその一人です。
ケンカを売られるのは、見た目が弱く見られ体系に迫力がないからになります。
落ち着いた雰囲気の人は、自信があるためトラブルに遭うケースも少ないです。
社会生活をスムーズに過ごすためにも、太って自信のある体を作りたいです。

太れないのは、胃が弱いのが大きな原因

私が太れない理由として、胃腸が弱いのが原因と言えます。
学生時代は痩せていましたが、意外と食事の量は食べる方でした。
しかし、胃が弱いため少し食べ過ぎると胃の不調を感じ、不快感で過ごす日が多かったです。
調子が悪いせいで、病院に行って見ると慢性胃炎と診断されました。

胃が弱いと太らない事は、あるテレビ番組で聞いて知りました。
胃が丈夫な人は、消化が良く栄養が体に行き届きやすいので太るようです。
しかし、胃が弱い人は、消化しにくいため身に付かない体質になると言われています。
痩せていても、生活において支障は感じませんがプロ野球選手の体型を見ると、やはりうらやましく思えます。

また、少し前ネットで太れない原因を検索したところ、痩せている人は胃の栓が緩いため栄養が流れてしまう情報がありました。
胃が正常な人は、太りやすい体質のため水だけ飲んでも体重は増加するようです。
太るためには、胃が大きく関わっている事は、おおよそ当たっていると言えます。

スポンサーリンク

太るために、食事の量と筋トレを行う

そんな私は、10年ほど前から体重が75キロを超えて少し太った体型になりました。
改善した方法は、食事の量を増やしストレスを溜めないよう運動などを行いました。
胃が弱い人は、多く食べても朝になるとお腹はペチャと凹んだ状態です。

しかし、私は、2週間とにかくご飯の量を増やし運動の多くを筋トレに費やします。
効果があったのか、3か月後には体重が5キロ増え、1年後には10キロほど増加しました。
筋トレは、痩せている人にとって、筋肉量を増やす事で体重増加に繋がる方法です。

有名なスポーツ選手が言っていた方法は、食事を採る30分前に筋トレを行うと体重増加や効果があるらしいです。
サプリメントやプロテインなども、運動や筋トレをした後飲んで効果を得る商品になります。

筋トレの方法は、主に鉄アレイを用いて腕力を付ける事を3ヶ月続けました。
効果は、確かにあり肩や腕が太くなり筋肉量が増加した実感はありました。
太るためには、筋トレを行い体を強化すると、効果を体感出来ました。

将来の目標として、体重を85キロに増やし自信を持ちたい

私は、現在の体重75キロから85キロまで増加する目標があります。
胃が弱い体質は、正直強くするには難しいですが、鍛えれば体重は増えるはずです。
細身の体型から、太る体型になるには、努力は欠かせません。
食べるのも努力、筋トレも努力になりハンデがある細い体を改善するには努力するしかないです。

胃が弱い以外にも、太らない理由はいくつかあり、神経質やネガティブな性格も原因になるようです。
太るためには、小さな事を気にせず楽しむ事も大事なのかもしれません。
太れない人には色々な原因があると思いますが、それに合った改善方法を知れば解決していくはずです。

スポンサーリンク