冷え性で寒くなっている女性

36歳、クリエイター系の自営業。親名義のマンションで同居しています。
痩せていて悩んでいることは、明らかに不健康そうに見えることです。
痩せているうえに色が白いので、会う人会う人に「どこか悪いの?」「大丈夫?」と聞かれる始末です。
元気だよ、と、笑顔で答えてはいますが、元気なんですけど・・・と内心不満たらたらです。

スポンサーリンク

痩せすぎの悩みはなかなかわかってもらえない

子供のころ(物心ついたころ)から、細いね、と言われ続け、思春期を過ぎたころから「細すぎない!?」と心配されはじめ、BMIを計算したらだいたい17~16、よくて18で、今に至ります。

また、痩せすぎであるため、胸がありません。
ぺったんこの胸をみられるのが中学生くらいから嫌でたまらなく、夏でもだぼっとした上着は欠かしませんし、冬場でも出来る限りコートで体を隠しています。

太っている人に対して「また太った?」とは言わないのに、なぜ、痩せている人には平気で「また痩せた?」「細いねー!」「ちゃんと食べてる?」などと次々言えるのでしょうか?
ダイエットに励んでいるひとになら、誉め言葉になるのかもしれませんが、こちらは、ダイエットに励んでいるわけでもなく、ごくごく自然な状態がこれなのです。
もう少し肉付きがよくなって、女らしいボディライン、初対面での好感度アップ、健康的な色気が欲しいと思い続けています。

しかし、口が裂けても「太りたい」などとは言えません。
「細くて羨ましい」「何を贅沢言うのか」と貶されるからです。
太っていようが、痩せていようが、体形のことを他人様にとやかく言われるのは不快なのです。
グサグサ言葉が突き刺さっていることを、理解して欲しいです。

かかりつけ医に冷え性がよくないと診断される

太れない原因は、親から受け継いだ体質だと思って半分諦めています。
両親ともに、太った人がいない家系なので、おそらくこのまま、太らないでしょう。

以前、わたしがあまりにも細いので、かかりつけ医がいろいろと勝手に問診をしてくれたことがあって、その結果、一番疑われた胃下垂ではなく、胃腸も健康でした。
しかし、体がいつでも冷えている(冷え性)、血の巡りがあまりよくない、脈が若干はやい、強度の貧血ということがわかりました。

いずれもとくに病気という数値ではなく、そういう体質だと理解するしかなさそうです。
ただし貧血は改善しないとたおれてしまう恐れがあるため、鉄剤を処方されています。
これがまた副作用に悩まされて食事ができなくなり、体重が減ってしまう悪循環に陥っています。

スポンサーリンク

思いついた方法を試しましたがなかなか改善出来ず

痩せすぎているなら、世間一般で「太る!」と言われていること(つまりダイエットの逆)をすればいいじゃないかと思いました。
夕食をたっぷり食べる、肉類を積極的にとる、夜食を食べる、甘いものを食べる、睡眠時間を多めにとるなどを、一か月ほど試みましたが、多少肉が増えた程度で、「肉付きが良い」「太ったね!」と言われるほどの見た目には至りません。
むしろ、内臓脂肪だけが増えてしまったので、この食生活は合っていなかったのでしょう。

そして、体が冷えていると言われたことが引っかかっていたので、夜、寝る前に、簡単なストレッチ(開脚して前屈したり、背伸びをしたり、肩や首をぐるぐる回したり、腹筋背筋をする程度)を気の向くまま行いました。
結果、手足がぽかぽかとすることが増えたこと、筋肉がついたこと、肩こりが多少解消されたのはよかったのですが、体が引き締まってしまいました。
わたしの理想とする女らしいグラマラスとは程遠いです。

今後は食事から考えていく

今後は、まずは積極的に食べることに重点を置いていきます。
夕食に一日に必要なカロリーをまとめてとろうとするから、無理が生じたのではないかと思っています。
そもそも、食欲があまりわかない時点でおかしいのですが、病気ではないためどうしようもありません。

その結果、朝と昼が超低カロリー、夜が高カロリーになっているものの、消費カロリーの方が多い日が多分にあります。
これを全体に均して、いろんな意味でバランスの良い食事に切り替えようと思っています。

スポンサーリンク